ずぶぬれて犬ころ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝は、去年見つけた竿抜けパラダイス大物ポイントに出勤前釣行に行った。

雨後の増水、5月という盛期に近づいた日付。

それでも全然アマゴはヒットしない。

去年いたからといって今年も竿抜け、尺アマゴがいるわけではない。

しかし釣り人というのは、前にいい思いをした場所には竿を出さずにいられないのだ。

釣り上がり、ルアーも替えながらキャストするがまったくアタリも無し。

新規開拓と違って実績ポイントの反応なしは少し凹むのだ。

釣り上がりつつ、川に沈んだ岩に足を置く。

苔が生えていて滑る。

 

ばっしゃーーーん。
初めて川でひっくり返った。

いや、マジで焦るね。ウェーダー履いているから特に。

ウェーダーに水が入ったら沈んじゃうよ。

僕は後ろ髪まで濡らしながらなんとか体勢を戻した。

軽く、本当に軽くだが、死ぬかと思った。

僕の3年目を迎える3980円のウェーダーは穴があいているので靴下と替えのズボン(といっても会社の作業着)は持って行っていたが、パンツまで濡れるとは思っていない。

 

まあ結局、濡れたパンツはそのままで作業着を履いてごまかした。

 

というのも、僕の会社の作業着はなぜか社会の窓のチャックが開きやすく、そのためにノーパン作業着で出社して社会の窓が開いてアンダーヘアーが女性社員に見られるというリスクは避けたいのである。

特に、僕の部下的な、隣にいる女性社員は新卒2年目である。
それならお尻に水染みが浮き出たほうが1000%マシである。

しかしおもむろにひっくり返った僕はずぶぬれである。

 

朝からずぶぬれになった僕の頭に僕の現住所と岡山出身の俳人、住宅顕信の自由律俳句が浮かぶ。

 

ずぶぬれて犬ころ

 

 

 

とにかく、朝からずぶぬれていたのだ。

僕も種田山頭火、住宅顕信に続き、自由律俳句を1句。

 

釣れない川でずぶぬれ

 

世の中には才能というものがあるのであった。。。。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

渓流釣りランキング
GyoNetBlog ランキングバナー
 


 



           
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください