ジール(ZEAL)専用タレックスレンズ ライトスポーツ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

さて、僕は色々と悩んだ末に偏光グラスをタレックスのオーバーグラス、イーズグリーンにした。

悩んだ末にイーズグリーンにして今のところ後悔はしていない。

だが、タレックスの偏光レンズの種類を調べていくうちに、タレックスのカタログにないものがあることを発見した。

それは、 ZEAL(ジール)がタレックスに特注をかけている、ZEALオリジナルレンズ。

ライトスポーツ     である。

抜粋するがレンズの説明としては下記である。

 

LITE SPORTS(ライトスポーツ)
偏光度80% / 可視光線透過率49%

 

自然な色合いとコントラストを両立したバランスの良さが定評のトゥルービュースポーツを、さらに明るくローライトに特化。暗がりでアングラーの目を保護し、夜明けや黄昏の高活性時に快適な視界を確保。悪天候や薄明のマズメ時、そしてその先のゴールデンタイムに。

また違う説明は下記である。

●ローライトコンディション時に、新しい提案

 




 

汎用性の高さから、様々なフィールドで実戦投入されている「TVS(トゥルービュースポーツ)」。
使用感はそのままに、マズメ時・雨天曇天時でもストレスなく使用したい。
そんな想いからNEWレンズカラー「ライトスポーツ」が誕生しました。

オールマイティーな使用感はそのままに、光量の不足を感じる状況下でも
明るい視界を確保。ストレスを感じさせません。
なんか、渓流ではかなり良さそうじゃないですか?

僕ははっきり言って、目が良くてジールのフレームのタレックスを買うならライトスポーツを買っていたかもしれない。

渓流、源流ではやはり暗いときにどれだけ明るく見えるかが重要なポイントだと思うからだ。

ただ、ZEAL(ジール)がタレックスに特注をかけているということで、ライトスポーツレンズが欲しいなら、ZEALから偏光グラスを買う必要があるのだ。
ZEAL(ジール)のナチュラムの特集サイト ライトスポーツの見え方もあります。

 


 

アマゾン

 

しかし偏光グラス、奥が深いのである。

タレックスレンズだけでこれだけブログ続けるくらいあるのだった。

結構ジールのフレーム格好いいと思う。

視力が良ければと何度も思うのだった。。。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへにほんブログ村

 


 



           
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す