秘奥義、水中8の字釣法炸裂! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

もうかなり前、シーズン初期の厳しい3月の釣果のイメージをまだ引きずっていた4月初旬だろうか。

放流日の数日後に釣りに行ったときのことだ。

あるプールのようなポイントで、アマゴが群れているのを発見した。

というか、僕のルアーに群がるように数匹追ってきたのだ。

しかし喰わない。

2度、3度ルアーをチェンジしながら投げても、足下近くまでくるのだが喰わない。

放流日、または放流後、数日くらいは良くあることなのだが、悔しいことにはなんら変わりはない。

そこで以前DVDで見た方法を思い出した。

本山さんがDVDで説明していた、水中8の字殺法である。

 

 


 

 

ルアーをキャストして、引いてくる。

数メートル先でルアーを追ってくる数匹のアマゴが見える。

トゥイッチする。  喰わない。

足下近くまできた。 もうルアーを引けない距離だ。

 




 

 

 

ールを巻くのをやめて、ロッドをぐるんと回してルアーを動かし続けた。

その次の瞬間。

バクッ!

足下近くでアマゴがルアーに喰いついたのだ!

これは 『水中8の字』と呼ばれる技で、調べてみるとトラウトだけではなくて、シーバスやなんや、色々と使える技らしい。

足下近くで喰わない魚に対して、ロッドを8の字に動かしてルアーをアクションさせ続けるのだ。

初めてチャレンジしたので、半信半疑だったが実際に喰いついた。

そのときの、僕の作ったルアーとアマゴだ。

 

水中8の字

 

水中8の字。

僕の秘奥義に決定である。

本当は、足下までに喰わせて、手応えを感じながらネットインしたい。

なので、『秘』奥義なのであった。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村




           
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください