渓流ハンドメイドルアー用に電子はかり0.1gを買う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渓流ハンドメイドルアー作り用に欲しかったものを買った。

それは電子はかりで、0.1gまではかれるものが欲しかったのだ。

アマゾンではかりを検索すると、まあ色々と出てくる。

ただ、1gまでの精度であれば安くて沢山あるのだが、0.1gまでとなると少しお値段が高くなったりする。

そんな中、僕が決めたのは タニタ製である。

精密さを求めるものなので、メーカーもタニタなら大丈夫だと勝手に思い込んでいる。

0.1gまではかれてタニタ製のはかりの中ではかなり安い方だと思う。

ポイントは4つ。

①タニタなら信用できそうだ。

②200gまでは詳細設定で0.1g単位ではかれるのだ。 200g以上のルアーを作る予定はないため問題ない。

③地域設定機能でさらに高精度らしいのだ。
説明文抜粋(高精度のはかりは、使用地域により重力の影響を受け、誤差を生じる場合がある。このはかりは、使用する地域を設定することにより、この誤差を解消する事ができる)

④参考価格(定価?) 3,780円が1,747円である

③の地域により重力の影響が違うとかまったく知らんかった。

はかり業界では当たり前かもしれないが、③によって更に信頼度が増したため購入することにした。

③の値段も魅力的である。

 

それがこちらである。

 

 

 

届くと早速使いたくなるもので、削ったバルサとフック、重りなどをはかってみた。

これにプラス、ステンレスのアイを足せば後は塗装とコーティングでどれだけgが増えるかわかるのである。

 

 

 

 

 

ただ問題は、僕自身が細かいことが苦手なバット大振りの感じの人なのである。

製造業に勤め出した時に、物のサイズをmmで答えるのに驚いたくらいである。

働き始めにcmとmで話していたらちょっと注意された過去を持つ。。。

しかし、5gとかのルアーを作る訳で、そうなると1gってとても大事な訳で、0.1gも馬鹿に出来ない訳で。。。(北の国から風)

とにかく、0.1gまではかれるのでちゃんとハンドメイドルアーを作るツールが1つ増えたのは確かなのだ。

有益に使いこなせるかどうか、それはまた、別の話。 (王様のレストラン風)

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 





 



           
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください