自作渓流フローティングミノーの再現を目指して。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パーマーク

 

目指しているフローティングミノーがある。

今シーズン、何度もブログで書いた。

 

それは僕が作って、ロストしてしまったミノーだ。

そいつは起き上がり小坊師のようにヒラを打った。

魚の反応も良かったし、使いやすかった。

渓流フローティングミノー

 

再現したくて幾つものルアーを作っているが、まだ再現出来ていない。

約55ミリのフローティングミノーだ。

 

写真は残っている。

紅ほっぺ塗装と目力をする前に作ったルアーだ。

 

渓流フローティングミノー

 

残っている写真からも、何かヒントが得られるかもしれないと思った。

なのでA4とA3で写真を印刷して、リップ取り付け位置その他など測ってみたりもした。

 

渓流フローティングミノー

 

写真から得た数字も参考にバルサを削る。

 

渓流フローティングミノー

 

塗装して、

 

渓流フローティングミノー

 

目と目力を付ける。

見分けが付くようにパーマークを赤とピンクにした。

 

渓流フローティングミノー

 

そしてリップを付けて完成。

 

渓流フローティングミノー

 

再現したくて作ったプロトミノーの11個目と12個目だ。

なのでPFG-11とPFG-12なのだ。

つまり10個ほど作ってまだ再現出来ていない。

 

渓流フローティングミノー

 

前回ブログで書いたが、釣れるのは釣れた。

 

渓流フローティングミノー

 

が、凄く扱いにくいミノーだった。

つまりまだ未完成なので、リップを付け直す。

 

渓流フローティングミノー

 

リップを付け直した結果、かなり使いやすくて動きも良くなった。

 

釣行でミノーを試す。

 

実際、9月17日(三連休最後の日)の、午前のみ釣行でも釣れてくれた。

 

この日は小渓流の門番に4度目の挑戦だった。

しかし、雨の影響で水量増えすぎていた。

 

増水している落ち込みの小場所でルアー流すのが厳しい。。。

結果空振り。姿も見えず、釣りにならず。

 

水量が多すぎるので、すぐに川を変えることに決定。

婚姻色ヤマメか尺イワナか、目指す方向をどちらにするか悩んだ。

 

結果、この日はイワナを釣ることにして小渓流に移動。

移動した川でも増水はしていたが、釣りにはなる水量だった。

 

しかしイワナは尺なんてとんでもなく、このサイズが最大だった。。。

 

渓流フローティングミノー

 

イワナ狙いなのにアマゴの方が良いサイズが出たりした。

僕らしいと言えば僕らしい。

 

アマゴは25㎝を少し超えたくらいかな。

顔付きとか体高とかが良い感じだ。

 

渓流フローティングミノー

 

少し婚姻色なりかけかな。う~んわからない。

同じアマゴで別角度の写真。

 

 

僕のホームは8月末禁漁なので、はっきりした婚姻色はまだ直接見たことが無い。

婚姻色は憧れでもあり、今年の目標の1つである。

 

写真のアマゴは小渓流の、こんな小場所のようなところで釣れた。

 

渓流フローティングミノー

 

小場所なのでかかってから寄せるまでの短い距離だが、同じくらいのサイズの魚がまとわりついていた。

いわゆるペアリングなのかな?と思ったので同じ場所にリリース。

 

午前のみのそんな釣行だったが、リップを付け替えたルアーの動きにはまずまず満足した。

トゥイッチでルアーがくるっと反転する様子は、再現したい動きに近くなっていると思う。

 




 

ただ、潜らなさすぎた。

フローティングミノーであまりに潜らないと、トゥイッチの時などに水面から飛び出すことがある。

 

特に小場所でちょこちょこアクションを加えて誘おうとしている時に起こりやすい。

僕のロッド操作の下手さが原因の可能性もある。

 

落ちパクとかもあるけれど、ミノーは水中で誘って喰わすのが基本だと思うので飛び出すのはまずい。

なので帰宅後、2度目となるリップの付け直しをした。

 

渓流フローティングミノー

 

最初の1~2アクションで、あと少しだけ潜ってくれるようになればいいなぁ。

そうすれば飛び出しは少なくなると思うんだけど。

 

今年の渓流もあと2週間。

2度の週末で、2回釣行出来るかは分からない。

 

そう考えてふと気付いた。

 

「今年も結局、深場やボトムを攻めるとかが出来てない!

ヘビーなシンキングミノーとか使えていない!」

 

深場用に70㎜フローティングディ-プダイバーを作って釣ったりはした。

ボトムノックスイマーⅡも少し使ったりはしたし、メタルジグも1度は使ってみた。

 

だけどヘビーなシンキングミノー使ったり、底攻めに集中した時期はなかった。。。

毎年の課題だけど、今年も課題のまま残った。。。

 

「まあ僕は底の浅い人間なので、

深場よりは浅場がお似合いなのだ」

 

と自分に言い聞かせる。

が、何の慰めにもなっていないことにすぐ気付いた。

 

浅いところでルアーや魚が見える。

それが楽しいのだから、仕方無い。

 

初めて渓流ルアーをした5年近く前。

渓魚がルアーを追ってくるのが見えた瞬間のときめき。

僕の渓流ルアーの原体験だ。

 

もう渓流ルアー5年目が終わろうとしているが、いまだに魚が見える釣り方が1番楽しい。

大物を狙うには底を攻めるとか、ボトムをトレースとかよく言われている。

 

そういう意味では僕はずっと素人なのかもしれない。

深場を、ボトムを勉強しなければという気持ちもある。

だけど結局、水面で遊んでしまう。

 

水面近くで魚の反応や追いが見える。

5年経っても、何度見ても。僕の心はときめいている。

 

それが渓流の魔法だとしたら、解けないでくれ。

夢なら、醒めないでくれ。

 

最後にがらにもなくカッコつけた事を書いたのは、秋のせいにしてしまおう。

 

タックルデータ

ロッド:カワセミラプソディ TULN-502L

リール:シマノ 16 ストラディックCI4+ C2000HGS

ライン:ARMORED(アーマード) F+ Pro 150M 0.6号

リーダー:バリバス ライトゲーム ショックリーダー 30m 1.7号

ルアー:不器用ルアー(自作) PFG-11、PFG-12

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ヤング より:

    製作、頑張られてますねヽ(・∀・)ノ

    僕も、コツコツと秋ヤマメ用の威嚇カラーを作ってました♪

    フローティングで、流れに負けずに飛びださないミノーを作るのは大変だと思います!

    アップは良くても、ダウンだと飛び出す!とかもありますしね(笑)

    今週(火)に、遅いお盆休みで秋ヤマメを狙いに日野川に行きましたが…

    かなり増水してて、流れが速かったので危険を感じて無理せず帰宅しました。

    あまり、河川を知らないのでこういう状況だと対応が難しいですw

    手にした魚は、かなり少なかったですが…ハンドメイドミノー オンリーで楽しい渓流1年目が過ごせましたね!

    残りの釣行も、怪我なく楽しんでくださいね♪

    1. しげる しげる より:

      ヤングさん
      秋ヤマメ用の威嚇カラーですか!
      気になりますね(^^)
      ご指摘の通り、アップとダウンではかなり変わってきますし、中々難しいです(^^;)
      アップで引き抵抗や戻って来るのが遅いルアーにしたらダウンで流れを受けすぎて飛び出したり。。。

      遠方だと水量が思ったより多いとか釣りにならないとか、僕も時々あります。
      今回ブログの最初の川も、ちょっと釣りにならないくらいの水量でした(>_<) はい。残り少ないので怪我などないように釣行します(^_^)v ヤングさんもお気を付けください!

  2. ヤング より:

    9月は、捕食に来るバイトは少なくなって…縄張りに入って来るミノーに威嚇に来るみたいなので、派手なアピール系ミノーが効くみたいですよ!

    僕、背中 赤 アルミ 金 腹 金orオレンジでミノーを作りました♪

    来週の(金)を、ラスト釣行にミノーテストして来ますヽ(・∀・)ノ

    1. しげる しげる より:

      ヤングさん
      秋はあまり釣行経験無いので、9月のバイト参考になります(^^)
      作ったミノーのテストのテストするまでの間って楽しみでたまらないですね(^o^)
      ラスト釣行、ご無事で楽しめますように!

  3. 花屋のいちろー より:

    いい面したアマゴですねぇd=(^o^)=b。
    イワナに比べアマゴやヤマメはサイズはそこそこでも厳つい顔になりますよね⁉️。
    イワナじゃ、結構な大きさにならないとなかなか(^-^;。

    ボトム攻略の件ですが、我が道を行くでもいぃと思いますよぉ(^-^)。表層のプロフェッショナルしげる!!的な感じで(^^)d。
    得意、不得意な釣り誰でもありますよぉ。

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      アマゴ、ありがとうございます(^^)
      良い面してますよね(^o^)
      ヤマメとイワナの違い、あると思います。
      それに、季節が秋なので産卵に関係するヤマメは見た目が変わりやすいのでは?と勝手に想像しています。

      表層が上手なら、これが俺の釣り方、我が道を行く!って言えるんですが中々(^^;)
      得意不得意は誰にもありますよね。
      僕は表層が好きなので、とりあえず自分の楽しい釣り方をします(^^)
      その結果、表層玄人になれれば良いなあ(^o^)

  4. シンジ より:

    お疲れ様です!
    納得のいくのが出来ればいいですね。
    自分もハンドメイド作ってみたいなぁ…としげるさんのブログを見つつ思ってしまいます。
    ホームが禁漁…苦しいですね、時間が空いたら是非ともご家族で北海道へお越しください、釣り・観光共に楽しめると思います。

    1. しげる しげる より:

      シンジさん
      お疲れ様です。ありがとうございます。
      納得の行くのは中々ですが、とにかく目指してがんばります(^^)

      僕のブログを見て、作りたいと思って下さったならすごく嬉しいです(^O^)
      ルアー作りは時間泥棒ですが、すごく楽しくもあります(^^)
      不器用な僕でもはまっているので器用な人にはやばいです。
      もう禁漁が目の前です(>_<) 北海道、トラウト王国ですね!行ってみたいです(^^)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください