不器用便りその7 初釣りは管理釣り場でほろ苦い。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
管理釣り場

 

年末年始で出品用ルアーの製作が終わった。

前々回ブログで塗装完了までだった『小法師』最終ロット。

 

それが数回のドブ漬けを経て、リップ付けとスイムテストまで完了したのだ。

 

『小法師』最終ロット完成

 

リップを仮付してのスイムテスト後、リップの本取付が完了した写真。

 

管理釣り場

 

浮き姿勢はこんな感じ。

微妙な差はあるがほぼ揃っている(と思っている)。

 

管理釣り場

 

上から見た浮き姿勢。

 

管理釣り場

 

ただ1点、すごくショックだったことがあった。

幾つかのルアーに少しクラック(ひび割れ)が入ってしまったのだ。。。

 

管理釣り場

 

年末の天気が悪かったので、タイミングを図ってドブ漬けを少しずらしたりしたのが原因かな。。。

 

ものすごく落ち込んだのだが、事ここに至ってはもうどうしようもない。

これが今の僕の作ったルアー。今の僕の実力なのだ。。。

 

とにもかくにも約2ヶ月半のルアー製作は終わった。

そして正月休みが終わる前に行きたかった場所に行けることになった。

 

それは『管理釣り場』である。

トラウト釣りたいし、他にも理由があったので行ってきたのだ。

 

初釣りは管理釣り場

 

管理釣り場は事前に調べて電話もして、営業中を確認していた。

そして1月5日(土)に自然渓流を活かした管理釣り場に向かった。

 

朝早すぎても寒いので、8時過ぎに家を出て車を走らせた。

車内では米津玄師さんの『Lemon』と『アイネクライネ』を爆音で流して大声で歌って練習していた。

 

これは翌日に開催される、

『さようならお正月!しげる家カラオケ大会』

(参加者:僕と嫁と子供2人 昼間のフリータイム)

 

の新曲披露のためである。

しかし途中で、僕の歌声が止んだ。

 

運転しながらだが、久しぶりに目にした川や渓流。

それらに心を奪われたのだ。

 

僕の歌声は止み、代わりに渓流を横目に「あぁぁぁ~!おぉぉぉ~!」とか唸っていた。

また出川哲朗さんのように「ヤバいよヤバいよ」とか1人で呟いていた。

 

もういっそ、管理釣り場じゃなくてこの川や渓流で釣りたいと思った。

しかしそんなことは出来ないのでさらに車を走らせる。

 

すると、

 

管理釣り場

 

自然渓流を活かした管理釣り場なので、かなり雪が降るところにあるのだ。

 

管理釣り場に到着すると、事務所の前でもこんな感じだった。

車のタイヤがスタッドレスでよかったと思った。

 

管理釣り場

 

そして事務所に顔を出す。

ここからは事務所のおじいさんと僕の会話をどうぞ。

 

僕:「釣りしたいんですが。。。」

おじいさん:「2日前に電話くれた人かな?」

 

僕:(驚きながら)「そうです。年明けは何人か来られたんですか?」

おじいさん:「いや、あんたが初めてだ」

 

僕:「年末も寒いし釣りに来る人は少ないですよね?」

おじいさん:「年末もあまり誰も来てないね。。。」

 

僕:「魚、いますかね?」

おじいさん:「。。。すぐそこの東屋の下に、大きなニジマスが1匹いるよ」

 

どうやら、年末年始はお客さんがほぼいなかったらしい。

当たり前だ。まっとうな人間は雪が積もっているのに渓流釣りになぞ来ないのだ。

 




 

この管理釣り場は自然を活かした(というかほぼそのままの)釣り場で、他にお客さんがいなければ数㎞の範囲を釣れることが出来る。

そしてニジマスの放流も料金に含まれている。

 

この日のお客さんは僕1人だった。

なので午前は釣れ残り居残りの魚を狙って自由に釣り上がり、その後ニジマスを放流して貰うことにした。

 

雪の積もった渓流を釣り上がる。

滑るし足は埋まるし、雪があると遡行にすごく体力を使うことが分かった。

 

管理釣り場

 

こんな渓流をどんどん釣り上がる。

 

管理釣り場

 

2時間近く釣り上がったが、結果は小さな魚のチェイス1度のみだった。。。

絶対いるだろ?というようなポイントでも反応ナッシング。。。

 

管理釣り場

 

釣り上がって、投げまくってほぼ反応無し。

魚が居ないのか、雪にまみれて遡行する僕の足音がバレバレで逃げたかどちらかである。

 

しかし初めての釣り場で、さらに自然の渓流が広がっていてそれだけでも楽しかったのだ。

久しぶりに渓流に来て、なんだか肺が大きくなって深く呼吸が出来たような気がした。

 

釣り上がってきた場所を退渓前に撮った。

 

管理釣り場

 

なんとか地上に上がると、道はこんな感じだった。

 

管理釣り場

 

車の通った後はあるし、もっと上流も釣って良い場所だ。

車はスタッドレスを履いている。でも僕は車の運転が下手だ。

 

初めての場所で雪道で、何かあって危険があったりご迷惑をかけるのも避けたい。

上流に行くのは諦めて、道路を下って事務所に戻った。

 

昼食を食べてから、ニジマスを放流してもらうことにした。

こんな場所に放流してもらう。

 

管理釣り場

 

バケツ放流を横目に見ながら、僕は頭の中でこう唱えていた。

『俺はネイティブトラウトマン。俺はネイティブトラウトマン』

 

午前中に釣れ残り居残りの魚を狙っていたが釣れなかった。

そんな折れかけたプライドを自分で鼓舞したのだ。

 

釣りを始めたが、放流したばかりのニジマスなのに思ったより反応が無い。

 

何度もルアーを投げて、やっと『小法師』(フローティングミノー)で釣る。

今年初の魚は、放流直後のニジマスだ。

 

管理釣り場

 

放流だろうがなんだろうが釣れてみると、魚の手応えが嬉しかったりはする。

しかしそれから反応が無い。

 

この場所は少し深いところもあるし、季節的に水温的に魚は底に付くのかなと思った。

なのでスミスピュアスプーン(3.5g)とかコータックのスプーン(5g)を投げる。

 

(苦手な)底を意識してスプーンをゆっくりと巻く。

コツンという当たりは何度かあったが、スプーン素人なのでアワセられずかからない。

 

そこでAR-S(エーアールエススピナー)を投げてみる。

最初はAR-S(2.1g)で水面近くを引くが魚の反応はない。

 

なのでAR-S(3.5g)を投げて、沈める。

沈めてからなるべく浮き上がらないように、ゆっくりと巻く。

 

すると、、、かかった!

 

管理釣り場

 

本山さん。ありがとうございます。

あなたの作ったルアーはこれまでもこれからも、釣り人と魚を繋いでくれます。

 

その後もAR-Sを同じように巻いて、また釣れたりした。

そこで思った。

 

ルアーの『レンジ』と巻く『スピード』、それに合う的確なルアー選び。

これは大事だ。(当たり前である。初心者でも分かる話だ)

 

放流直後のニジマス。

僕の想像ではすぐに釣れるはずだった。

 

だけど『レンジ』と『スピード』によって反応があったり無かったりする。

放流したてなので反応がすごく分かりやすくて勉強になった。

 

僕は魚の反応が見たいのでついつい水面ばかりで釣ってしまう。

だけど、魚によっては底を攻めないと反応しない。

 

放流したてで確実に魚が居る状況。

そんな中で色々と試したことで、魚の反応の違いなどをよりリアルに感じた。

 

それに自然渓流だと数投で反応がなければ、魚が居ないと思ってすぐに釣り上がっていたかもしれない。

渓流でも色々と試してみようかな。

 

そんな事を考えながら、数匹釣って終了した。

最後にまだやりたいことがあるからだ。

 

自然を活かした管理釣り場に来た理由。

僕が作った出品用ルアーを、渓流でスイムテストしたかったのだ。

 

出品用ルアーの最終スイムテスト

 

すでに家の近くの川でスイムテストはしていた。

だけど流れのある渓流で泳がせて確認したかった。

 

『小法師』の最終ロットを泳がせる。

 

うん。

今の僕のルアーの動きになっている。

 

塗装などが原因で出品出来ないのはあるが、動きは合格だ。

 

管理釣り場

 

『小法師』初期ロットと『源氏』や『平氏』もスイムテストした。

 

しかし2時間近く同じ場所で動かずに経ってテストしていると、体は寒くて手はかじかんで冷たいというより痛い。

なので写真撮る余裕が無くなった。。。

 

スイムテストの結果、

  • 『小法師』初期ロット、合格
  • 『源氏』、合格
  • 『平氏』、不合格

『平氏』は出品出来ないという判断になった。

 

スイムテストも終わり、寒さも限界になった。

 

事務所のおじいさんにご挨拶して帰ることにした。

この日のお客さんは僕1人だったからか、ストーブにあたりながらおじいさんは色々と話をしてくれた。

 

秋に見たというイワナの産卵の写真を持って見せてくれたり、上流の奥では天然のイワナがいるという話も聞かせてくれた。

そんな事を聞いてしまい、暖かくなったらリベンジに来たいと強く思った。

 

釣果はほろ苦い感じだったが、自分の釣りの地図は広がったし勉強になった。

僕はすごく出不精なんだけど、動けば得られるものもあると思った。

 

今回で出品用ルアー製作は全て完了した。

技術の無さもあって、製作は悲喜こもごもでした。

 

ですが日々充実していて楽しかったです。

しばらく製作ブログにお付き合い頂きまして、ありがとうございます。

 

出品出来るルアーのご紹介などもしたいので、あと1度か2度お付き合い頂ければ嬉しいです。

もちろん、機会があり僕のルアーを使ってやって頂ければとてもとても喜びます(^^)

 

タックルデータ

ロッド:カワセミラプソディ TULN-502L

リール:シマノ 16 ストラディックCI4+ C2000HGS

ライン:ARMORED(アーマード) F+ Pro 150M 0.6号

リーダー:バリバス ライトゲーム ショックリーダー 30m 1.7号

ルアー:AR-S、不器用ルアー『小法師』

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター ラオウのご主人様 より:

    初釣行お疲れ様でした!
    寒いけど雪化粧された渓流は美しいですね。
    冬場の釣りはボトムの攻め方など勉強になっています。
    あまり釣れなくても心が洗われマスね!!
    出品ルアー製作もご苦労様でした!
    僕も一つ手に入れたいと思いますが仕事早く終るように頑張りますね!!
    おじいさんの顔を見にまた行ってあげてほしいです・・。

    1. しげる しげる より:

      ラオウのご主人様さん
      初釣行、釣果は渋かったですがレンジやスピードなど勉強になりました(^^)
      渓流を釣り上がっているだけでも楽しかったです。

      不器用ルアー、是非手にして頂きたいです(>_<) 昨年から言って下さっていますし、お仕事大変だと思いますがよろしくお願いします(^o^) シーズンになったらおじいさんの顔、また見に行きます! 今回は年末年始で雪もあったのでお客さんいませんでしたが、GWやお盆なんかはものすごいお客さんと言われていましたし、さびれた釣り場ではないのでご安心下さい! 僕は人が居なさそうな日を選んで行こうと思います(^^)

  2. アバター たつぼー より:

    完成間近の最後の最後にクラックは、本当に凹みますね。自分は以前の色流れの話の際にもコメントさせてもらったんですが、かなり時間をかけてディッピンしています。そうすると、ちょっと位のクラックなら復元出来ます。
    試してみて下さい。
    ただし、注意点があります。
    ・薄めていないセルロースにディッピンする。
    ・クラックにセルロースを染み込ませるイメージでゆっくり引き揚げる。数秒間漬け込んでおく位の気持ちです。
    薄めてあるセルロースの方が段差がスッキリして仕上げがキレイになると思いますが、クラックが入り易い気がします。
    セルロースの種類にもよると思いますが。

    1. しげる しげる より:

      たつぼーさん
      以前に針の形状や色流れのアドバイス頂いてありがとうございます(^o^)
      そうなんです。本当に凹みました。。。でもこれが今の自分の力だと思いました(>_<) クラック復元出来るんですね!!知りませんでした! 5㎝のルアーを70秒かけて、、、くらいの引き上げでしたよね。 クラックにセルロースを沁み込ませるイメージですか。 僕は最後のあたりは薄めてないセルロでドブ漬けしていました。薄めている方が仕上がり綺麗になるんですね。 今回はリップ付けまでしてしまったので、次回から試させて頂きます! いつもアドバイス、ありがとうございます!

  3. アバター ヤング より:

    渓流タイプの管理釣り場があるんですね( ̄∀ ̄)/

    雪景色はいいですが、釣りとなるとかなり大変そうです…(笑)

    いつもなら、管理釣り場へ行ってミノーイングしてるんですが、去年は1回行っただけで初釣りもまだですw

    NEW verのミノーも完成したので(月)にキャスト練習&スイムテストの予定です!

    管理釣り場の大きい魚も魅力的ですが、渓流を歩いてキレイな魚と出会う方へ今は魅力を感じてしまってます(*^ω^*)/

    1. しげる しげる より:

      ヤングさん
      渓流タイプのがあったんです!
      というか、実際行ったら少し釣り上がるともう渓流そのものでした(^^)
      雪の中の遡行、すごく大変で汗かいて、その後のスイムテストで動かず止まっていたので冷えて風邪ひくかと思いました(>_<) ヤングさん初釣りいつになるか楽しみですね。 キャスト練習とスイムテスト、順調に行かれていますね(^^) 僕も渓流を釣り上がるのが好きなのですが、今回の釣り場は渓流まんまだったので楽しいと思いました。 雪が無くて暖かくなったころに、またリベンジに行きます(^o^)

  4. アバター 丹沢極釣会 より:

    お疲れ様でした!
    何だか見てるだけで寒そうですが釣るだけでも流石ですよ!
    ミノーも完成した様ですし、やはり鮎カラーの唇が色っぽいですね〜

    1. しげる しげる より:

      丹沢極釣会さん
      スイムテストしている時が立ち止まっていたので、寒くてたまりませんでした(>_<) いえいえ、放流すぐのニジマスなので(^^;) でもレンジやルアーでの反応の差はすごく分かりやすかったので楽しかったです。 管理釣り場というか渓流まんまな場所で楽しかったので、またリベンジします(^o^) 鮎カラー、気に入って頂いてありがとうございます(*^_^*)

  5. アバター 花屋のいちろー より:

    長期間のルアー制作お疲れ様でした。あのカラーGET出来るよう頑張りますね(*’-^)ノ。
    初管釣りおめでとうございますd=(^o^)=b。釣れて良かったぁ。せっかくの初体験ですからねぇ♪
    にしても、凄い雪ですね(汗)。そんな中釣りに行かれるだなんて、さすが釣りという病に感染してるだけの事はありますね(笑)。

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      ありがとうございます!
      塗装も気に入って頂いてありがとうございます(*^_^*)
      家族で餌釣りで管理釣り場に行ったことはありましたが、ルアーのみで1人での管理釣り場は初めてでした(^^)

      なんとかニジマス釣れて嬉しかったですし勉強になりました(^^)
      ほぼ自然そのままの場所だったのも楽しかったです
      いえいえ、いちろーさんの釣りという病の重症具合には負けてしまいます(^o^)

  6. アバター まさのり より:

    お疲れ様でした!
    年末バッタバタでコメントする余裕もなかったのですが、やっとプライベートの動きが可能になりました。
    さて、こっからは私の仕事ですね。
    良い大反省会にしますので乞うご期待っ!

    1. しげる しげる より:

      まさのりさん
      ありがとうございます!
      お仕事柄、年末お忙しいですよね(>_<) ここからはまさのりさんの本業ではないですが、仕事ぶりに期待しております。(プレッシャーをかける) 良い大反省会、楽しみにしております。(さらにプレッシャーをかける) 僕も微力ですが、少しでも盛り上げるお手伝いを出来ればとは思っています(^^)

  7. アバター 右脳派釣師 より:

    想像してた管理釣り場は雪のないとこでした。
    岡山も結構降るんですね
    雪の中だと魚も動かないと思うので
    温かいうちに来れば楽しめそうな釣り場に見えますね!
    寒い中、出品ルアーのテストありがとうございましたm(_ _)m
    次回は沢山人が集まりそうな気がします!

    1. しげる しげる より:

      右脳派釣師さん
      『晴れの国』は南部だけで、北部はスキー場があったりします(^^)
      南北でかなり気候が違うんです(^^;)

      雪のない、THE管理釣り場というところに行こうか悩みました。
      でもスイムテストを少しでも渓流に近いところでしたかったので雪は承知で行ってみました(^^)
      釣果はあんまりでしたが、渓流まんまだったので楽しい場所です!暖かくなったらまた行きます(^o^)
      いえいえ、とんでもないです。不器用が作っているので出来るだけ動きを見ておきたかっただけです(*^_^*)
      次回はくらげ亭が満員電車状態になると良いですね(^o^)

  8. アバター イェーガー より:

    こんにちは。
    厳冬期の河川エリアのニジマスは底に張り付いて動きませんからね。
    「餌が来い」ってくらいに追ってきません。(^_^;)
    なので、魚の定位しているレンジに合わせてゆっくり誘うのが基本だと思います。
    それなのにフローティングで釣ってしまうとは…。それだけ小法師が釣れるミノーだという証明なんじゃないでしょうか。

    1. しげる しげる より:

      イェーガーさん
      「餌が来い」っていう表現、すごくわかります(^^)
      わかりやすいコメントありがとうございます(^o^)
      今回の放流魚でもレンジに合わせるのとスピードで反応が変わったのがすごく分かりました。
      小法師、お褒めいただいてありがとうございます(*^_^*)
      放流ニジマスなのでたまたまです(^^)

  9. アバター たつぼー より:

    再度、コメント失礼します。ブログを再度、読まさせていただいて思ったことがありまして。
    クラックの入った場所が2つとも同じ場所ですね。原因は、ディッピングではなく、製作途中の浸水ではないでしょうか?姿勢の確認のため、お風呂に浮かべたりすると、浸水して、バルサが痩せてクラック入ることが…。アイの周辺が下地ごと割れます。
    自分の「修復できる」と言ったクラックは、表面上のもので、塗装面まで割れてしまうと、厳しいです。
    いずれにしても、次回試してみて下さい。

    1. しげる しげる より:

      たつぼーさん
      ブログ読み返して下さったんですね。ありがとうございます(*^_^*)
      そして驚いています。
      ご指摘頂いた浸水の可能性が高いです。
      というのが完成手前で浮き姿勢を確認しているからです。
      今回のルアーも確認しました。その際に浸水の可能性があります。
      自分としてはコーティングしているので水が入るという想像はしていませんでした。
      ですが浮き姿勢確認の前にアイの部分のセルロースを削ったりもしますしありえると思いました。
      たつぼーさんのコメントを読んでその可能性が高いと思っています。
      気にして頂いて、コメント下さってありがとうございました。
      次回試してみます!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください