スプーンで尺アマゴ!の後に喜びが消し飛ぶ出来事が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スプーン尺アマゴ

 

どうも。西の新米スプーニストです。

スプーン熱が冷めません。

 

新しいフック『剛力』

 

先日のブログで、ダウンのスプーンについてアドバイスを頂いた。

『あしながおじさん』ならぬ『スプーンおじさん』(ニジマス大好き)からである。

 

曰く、ダウンのスプーンだと僕のフックは細過ぎるらしい。

僕は性格がねじ曲がっているのだが、今回は素直に40秒でフック交換した。

 

なにせ『スプーンおじさん』は数々の実績と経験(失敗も)がある方だ。

 

ちょうど昨年の借りを返すべく、対ニジマス用フックは準備していた。

 

合計15本ほど巻きました。

スプーン尺アマゴ

 

対ニジマス用フックは『剛力』(ごうりき)と名付けた。

 

比較対象は『小法師』と『源氏』にお付けしていたフック(チヌスレ2号など)だ。

 

スプーン尺アマゴ

 

そして早速釣行してきたのだ。

 

ニゴイと尺アマゴ

 

釣行場所はホームリバーか別の河川で悩んだ結果、別の河川にした。

 

そして1匹目、スプーンのダウンではなくサイド気味。

ずっしりとした重い手応え。

 

ニゴイが釣れた。

 

スプーン尺アマゴ

 

実は先日ニゴイを釣った時は、

釣り上げはしたが細いフックを曲げられていた。

 

不器用ルアーの新作、ブログはまだ。

スプーン尺アマゴ

 

しかし『剛力』フックは曲がっていなかった。

 

『剛力』の強度にひとまず満足した。

 

その後、少し移動して流れが強めの場所。

ダウンクロスのスプーンで1匹かかるがすぐにジャンプされてバレる。。。

 

良いサイズだった。

アマゴは元気になってくると、よく跳ねてバレる。

(後に跳ねる原因が判明する)

 

そしてまたもスプーンのダウンクロス。

狙ったポイントにスプーンを誘導すると、手応えとともにドラグが鳴った!

 

ジジジィーーー!

 

ダウンで流れのあるポイントなので、魚の力に流れの力が加わっている。

にしてもデカい気がする。

 

しばらく我慢して、少しドラグを締める。

寄せてくると、やはりデカい。

 

ネットイン!

 

尺アマゴ、31㎝ちょいだ!

 

スプーン尺アマゴ

 

ホームリバー以外で尺アマゴ釣ったのは初めてだ!

スプーンで尺アマゴ釣ったのも初めてだ!

 

そして今期初の尺アマゴだ。

嬉しいのでもう1枚。

 

スプーンで尺アマゴ

 

嬉しいので動画撮る。

 

 

今回はリリース動画が無い。

尺アマゴ様はジャンプ一閃して、自分で川にお戻りになられた。

 

マジで写真撮った後で良かった。。。

 

久しぶりに書くが、僕の器(うつわ)はおちょこの裏くらいの大きさである。

尺アマゴが釣れたのはまだ午前7時半だったが、もう胸が一杯で満足した。

 

今年は尺イワナが2匹釣れていて、尺アマゴも釣れた。

あとはニジマスに借りを返すだけだな。

 

こんな事まで考えていた。

 

しかしこの後、

 

尺アマゴの喜びが消し飛ぶような事件が起こったのだ。

 

しげるの事件簿

 

尺アマゴを釣ってから、少し下流に釣り下っていった。

この日のこの川には、恐らく魔法がかかっていた。

 

というのも、

 

サイズが良いアマゴが、

さらに何匹も出て来たのだ!

 

まず3匹デカいアマゴが出てきた。

うち1匹は姿見ずでバラし、2匹はジャンプ一閃で僕のフックを外した。

 

水面に出た魚体は、間違いなく20㎝後半はある。

尺あったかもしれないサイズも1匹いた。

 

そして最後に大場所。

スプーンのダウンで深場を狙う。

 

何投目かで、かかった!

ドラグが出る!

 

しかしその手応えが、アマゴにしては強い!

どんどんラインが出て行く。

 

この日、ニゴイを釣っていて、その後尺アマゴも釣っている。

 

その感覚から『この手応えはアマゴではなく違う魚種かもしれない』と思った。

 

そう思った僕は、魚の走りを緩めようと少しドラグを締めた。

 

走りが止まったかと思った次の瞬間、

水面に高く飛び出した。

 

ジャンプして、僕のフックを外したのだ。

 

遠目なのであまり自信はないが、もしかしたらアマゴかもしれないと思った。

 

この日の1~2時間前に尺を釣っていたが、さらに一回り以上デカいと思った。

 

バラした魚はデカいというし、魚種も正確にはわからない。

とにかく大きく感じた事は確かだ。

 

ジャンプ一閃で魚がバレた後、その場にへたり込んだ。

 

しばらく動けなかった。

 

悔しくて悔しくて、魚がジャンプした場所をずっと睨み(にらみ)つけていた。

 

スプーンのダウンを始めて、ミノーのトゥイッチよりバレにくく感じていた。

実際、この日までダウンのスプーンでのバラシは少なかった。

 

しかしこの日、何も出来ずにバレたデカいアマゴたちが何匹も居た。

 

この後、少し休憩してからの午後からの釣り。

そこでも4匹連続(1匹はデカかった)でバラした。

 

尺アマゴを釣ってから、

8匹連続でバラしたのだ。

 

しかも8匹中4匹は、ジャンプされてバレている。デカい奴ほどジャンプしている。

 

ジャンプ以外はかかって早い段階でバレたので、かかりの問題(のってない)もあると思う。

 

フックはこまめに刺さりを確認して交換していた。

この日は5~6回フック交換していた。

 

デカい魚をバラした時の事を、この日ずっと考えていた。

すると僕の頭の中に『バラシ刑事』(バラシデカ)が現われた。

 

バラシ刑事 イメージ図

 

バラシ刑事は、バラシ被害者の僕にバラシ現場検証と聞き取りを始めた。

(あくまで僕の脳内で)

 

バラシ刑事(以下刑事):「すると、バラす前にドラグを締めた。それから手応えが少し軽くなって、ジャンプ一閃でバラしたという事ですね」

 

僕:「はい。他にも同様の流れで、大きなアマゴを何匹かバラシました」

 

刑事:「状況証拠から見て素人のやり方じゃない。プロだな。プロのアマゴだ」

 

僕:「プロのアマゴですか?」

 

刑事:「はい。あなたがドラグを締めた瞬間、手応えが少し軽くなったと言われましたね?」

 

僕:「ジャンプでバラした時はいつもそうです」

 

刑事:「私の考えはこうです。犯人のアマゴは手応えが軽くなった瞬間、あなたに向かって走っていた。または、水面に向かっていた」

 

刑事:「すると張っていたラインが緩む。ラインが緩んだ瞬間にジャンプ一閃」

 

刑事:「お聞きしたところ、あなたのフックはシングルバーブレス。これをやられると、ひとたまりもありません」

 

僕:「だからバラシ犯人は、プロのアマゴだと?」

 

刑事:「素人では、とてもここまですみやかにバラシまで持って行けません。それに、あなたは何匹もバラしたと言われた」

 

僕:「そうです。同じパターンで何匹もバラシました」

 

刑事:「組織的なバラシの可能性があります。この辺りでプロのアマゴによるバラシ被害が頻発しているという報告を受けています」

 

僕:「いや、ただ僕が下手でバラしただけです!

というか組織的なバラシとかプロのアマゴって何ですか!?」

 

刑事:「1番の大物に関しては、別の魚種である可能性も視野にいれて捜査します」

 

僕:「人の話を聞いていますか?」

 

脳内でこんな現実逃避をしてしまうくらい、僕はショックを受けていた。

数日経ってから冷静に考えると、1番の大物はニジマスの可能性が高いと思う。

 

だけどバラした日の僕は興奮してアマゴと思い込んでいた。

8連続バラシ、さらに大アマゴ(思い込み)をバラしたと現実を直視出来てなかったのだ。

 

後に事の顛末を知った『スプーンおじさん』がアドバイスを下さった。

  • ダウンで無理矢理巻くと、
  • 流れの抵抗でジャンプされる時がある。
  • 魚を動かさないで、
  • 巻き取りながら自分が走る!
  • 走れれば(笑)

これは主にニジマスの場合だが、やはりドラグを締めたのが原因の1つと思われる。

 

僕がこの日、学んだ事は2つある。

渓流釣りに試験があれば『ここ試験に出ます』的な重要な事。

 

1つ目。

ダウンで無理に巻くと、魚にジャンプされてバレる可能性が高くなる。

(出来れば)自分から近付く。

 

2つ目。

尺アマゴが出てくるような日は魔法がかかっている(活性が高い)。

1匹で終わらずにまだまだ出てくるので、1匹で満足して油断してはいけない。

 

この日、僕は尺アマゴを釣った。

本当は嬉しいはずの日だった。

 

だけど今シーズンで、1番悔しい日になった。

(バラシ当日は大アマゴバラしたと思い込んでいたので余計に悔しかった)

 

水面縛りの、以前までの釣り方。

それだと引っ張り出せてもいなかったアマゴが数匹かけられた。

 

1番デカい奴もそうだ。

かけられただけでも、成長している。

 

そう思う気持ちも少しはある。

 

でもバラシ8連発は悔し過ぎる!

 

順番が逆だったらまだマシだったかもしれないな。

8連続バラシの後に尺アマゴだったら良い日になっていたかも。

 

たぶんニジマスだと思うが、この日の大物の正体も確かめたい。

とにかく気になって仕方がない。

 

もう1度あの場所に行ってルアー投げないと気が済まない。

釣れても釣れなくても、とにかく気が収らない。

 

釣り人なら、そんな気持ちになることがあるはずだ。

僕は今シーズン初めて、そんな気持ちになった。

 

ジャンプしてバラした魚たちとは、目が合っている。

 

バラした魚たち、顔は覚えたからな!

 

お願いだから、次に僕が行くまで誰にも釣られず移動もせずにいて下さい。

いや、マジで。ほんとにお願い。

 

ロッド:天龍(テンリュウ)レイズ RZ65ML

リール:シマノ 16 ストラディックCI4+ C2000HGS

ライン:PL-M64R PITBULL4 0.8号

リーダー:バリバス ライトゲーム ショックリーダー 30m 2号

ルアー:ライトニングウォブラー(ティムコ) 

 

尺アマゴおめでとう!でもバラシ8連発か。。。とクリックお願いします(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター まさのり より:

    いやぁ、久しぶりに良い記事でした。
    ちょっとスプーンで釣れるんじゃないかと調子付いた途端に、魚達から左右フル殴打される様は読んでいて清々しいものがあります。
    心地よい読後感に酔いしれながらワインでも開けちゃおうかなといった気分にさせて頂きました。
    しげリストはこういう記事こそを日々待ち望んでいるのですよ。
    ところで、私はヤマメのジャンプを殆ど見たことがありません。
    なんでだろうと考えていたのですが、やり取り開始してからロッド寝かせずに起こしたままってことはないですかね。
    ロッドティップを出来るだけ水面に近く寝かせる、というか倒すと言うか。
    ニジマスは羽でも生えてるのかよって位に飛ぶ個体がいますが、ヤマメはいいとこ水面近くでバシャッと半身が見える程度なので。

    1. しげる しげる より:

      まさのりさん
      お褒め頂いているのに何なのですが、良い記事というかまさのりさんが僕の失敗談が大好物なだけに思えてなりません(^^;)

      いやブログ読んで下さっている皆さんが皆さん、僕の失敗談が好きなわけ。。。ないと思うのですがわかりません(^^;)

      かかってからも基本的にはロッド立ててやり取りしている事が多いです。
      ロッドは立てて使う物という、根拠の無い思い込みというか癖は少しあります(^^;)

      ニジマスはほんと跳ねますよね。ですが僕はアマゴでも全身思いきり見えるジャンプを良く見ます。
      ロッド寝かせるというか倒してのやり取り、意識してやってみます!
      ありがとうございます(^^)

  2. アバター 3110tkj より:

    こんにちは。
    一読者としては、このブログがカリスマエキスパートの方が書かれているような、サクセス的な展開になるような事ははっきり言って望んでませんね〜
    釣りはもちろんお上手でしょうが、なんかしげるさんらしくないというか…
    どうしても読んでいて、私も、どこかでオチを期待してしまっております。
    というわけですので、何かやらかしてくれる事を、一番に期待しております。
    しかしほんと、このところ良いお魚ばかりですね(o^^o)

    1. しげる しげる より:

      3110tkjさん
      僕の失敗談がお好きな方が他にもいらっしゃった!(^^)

      まじめな話をさせて頂くと、僕の理想像は『渓流釣りが上手な人』というよりは『渓流釣りを楽しむのが上手な人』です。
      もちろん大きな魚を釣ったり数多く釣れると楽しくて嬉しいので、短く上手にご説明が出来ないのですが(^^;)

      釣れても釣れなくても、バラして悔しくても、それら一式を楽しめる人になりたいなぁと思っています。
      ただ釣りは下手なので上手にはなりたいですし、大きな魚も釣りたいのでレベルアップは常に目指しています。

      だけど僕は落とし穴があれば全てハマるタイプです。
      また嫁曰く「あなたが笑いを狙った時は全然面白くない。狙わずに出る笑いはまあまあ面白い」らしいです(^^)
      これからも楽しみながら書き続けていければ良いなと思っています(^^)
      あれっ!まじめに書いたらコメントにオチがまったくない。。。失礼しました(^^;)

  3. アバター ラオウのご主人様 より:

    尺アマゴおめでとうございます!(^o^)
    バラしは原因追求してもなかなか結果ははっきりでませんよね。
    いろいろ試していくしかないですがダウンでヒットした時って巻き合わせになりませんか?
    かかったら僕はしっかりあわせる様にしています。
    それでもバラしますけど(^_^;)

    1. しげる しげる より:

      ラオウのご主人様さん
      ありがとうございます!
      バラシはほんと、難しいです(>_< ) バラシを意識すればするほどドツボにハマってバラしまくったりもしますし(^^;) ダウンでヒットは巻き合わせになりやすいです。 そこからの追いアワセはまだあまり意識できていないのですが、必要かもしれないと最近感じています。 アワセが苦手というかあまり瞬間的に出来ないのですが、意識と訓練と反射で少しでも出来るようにとは思っています(>_<) 何にしても、バラす時はバラしますよね(^_^;)

  4. アバター ヤング より:

    同じく、前回の釣行でバラしスト ヤングになりましたw

    6バイト 1キャッチ(>人<;)

    新作のシャッドミノーを製作して、日野川へテストに!

    お昼前に入ったポイントで、1回口に触れた個体でもシャッドに何回もチェイス&アタックしてくる2匹がいたり…

    短い区間の表層付近で、悶絶を味わいました(笑)

    トドメに、本流ヤマメの3匹同時チェイスで次のキャストでトルクフルな手応えも速攻でポロリ…

    マジか〜!と、思わず心からの叫びがヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

    次回、リベンジしてきます。

    1. しげる しげる より:

      ヤングさん
      バラシストヤングですか!
      僕はプロバラシストのしげるです(^_^)v

      ようこそ、バラシの世界へ!
      バラシの世界も奥深いです。僕は一刻も早く足を洗いたいのですが中々抜け出せません(^^;)

      シャッドミノーも作られているんですね(^^)
      悔しい気持ち、すごくわかります。(8連続バラシしたので)

      お互い、リベンジし続けましょう。
      諦めてない内は試合終了してないです。たぶん(^o^)

  5. アバター しげ より:

    しげるさん~♪ こんばんは! なんだかスッカリ「スプーニスト」ですね~!(^^)! スプーンと言えば~シングルフック! 久しぶりにバラし検証の記事を読み直しました!! やっぱり奥が深いですよねーーー! 最近お腹のフックがテールにからまるのがストレスに感じるようになり、小さいフックにするかどうか。。。でもどなたかがーー小さいフックはバラしの原因とかーー?? 難しいー( ゚Д゚) まずは色々やってみないとですねーーー! まとまりのないコメントですがーー!ホーム以外での尺アマゴおめでとうございます(^^♪!

    1. しげる しげる より:

      しげさん
      どうも。西の新米スプーニストです(^^)
      スプーンとブラインドフィッシング、新鮮なのもあって楽しんでいます(^o^)

      懐かしのバラシ検証シリーズ!
      実は今回8連続バラシをしたことで『またバラシ検証シリーズか?』というのが頭によぎりました(^^;)

      今思うと、以前の検証はフックに特化というかフックのせいにしたバラシ検証だった気がします。
      バラシの原因は他にも色々とあるので、それらを踏まえてバラシ対策したいと思います(^_^)v

      お腹のフックとテールが絡むのはもどかしいですね(>_<) 僕は絡まないサイズを基準にフック選んでます。 「もし、フック絡んでいる時に良型がかかったら。。。」と思うのと実際にそれでバラした事があるので(^_^;) 尺アマゴ、ありがとうございます(^o^)

  6. アバター 花屋のいちろー より:

    最近、滅茶絶好調ですねぇ( ≧∀≦)ノ。
    バラシは悔しいですが、ルアーが違えば誘い方からファイトの仕方まで変わり、スプーンの経験が少ないんですからバラシは仕方ないですよぉ(汗)。
    逆にその経験値が少ないにも関わらずこんだけ釣れている事が凄い!!!( >Д<;)。これで経験積んだらどんだけになっちゃうんですかぁ(汗)

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      ありがとうございます(*^_^*)
      なんとか釣れているのは魚たちが元気になる季節、ハイシーズンに助けられています(^^;)

      バラシはまだまだ勉強しないといけない事が沢山あると痛感しています(>_<) そんな褒めて頂くと恐縮です(*^_^*) 一歩一歩楽しみながら上手になっていければ良いなあと思います(^o^)

  7. アバター 右脳派釣師 より:

    しげるさんに勝った!
    9連続バラシです!10連発を止めたのは18センチのヤマメ。
    サイズじゃないんです
    全然っ悔しくないんですっ
    33センチは一旦置いておき、ジャンプでバラし?
    くらげ亭でワイン飲んできます!

    1. しげる しげる より:

      右脳派釣師さん
      9連続バラシですか!
      僕も右脳派さんに負けないように。。。って違いますね(^^;)

      ジャンプでバラシまくりました。
      僕は元気になったアマゴにはすごくジャンプされます(>_<) くらげ亭でワイン! ということは右脳派さんも僕の失敗談がお好きな方ですね(^o^) 成功とは、数多くの失敗の積み重ねの上に宿るということを、教えて差し上げます! いや、長い目で見て、きっとそのうちというレベルですけど(^^;)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください