渓流釣りに必要な体力や筋力、体型とは?僕の体型写真を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渓流釣り体力

 

言うまでもなく、

渓流釣りや源流釣りには体力が必要だ。

 

渓流釣りと体力

 

源流はまだ未経験だが、渓流釣り(ルアー)はもう7年目だ。

 

渓流釣りの遡行に体力が必要な事は身に染みてわかっている。

 

特に僕は釣りの『腕』がないので、

  • 竿抜けを探す『目』と、
  • 歩き回る『足』で釣っている。

なので長時間渓流を歩ける体力は重要なのだ。

 

渓流の遡行というと、

  • アップダウンもあるし、
  • 石や岩で不安定な足場。
  • 流れのある川の中を歩いたり、
  • 濡れた岩やコケや、
  • 土や落ち葉の斜面など、

滑りやすくて転びやすい場所のオンパレードなのだ。

 

フリー素材の渓流イメージ写真。

渓流釣り体力

 

いやほんと、何でわざわざこんな危険な場所(渓流)に、足繁く通うのだろうか?

 

自分に対して、「馬鹿じゃないのか?」と思う事もある。

 

だけど僕は『釣り馬鹿』なので仕方が無い。

 

渓流がどれだけ滑ったり転びやすいかというと、僕なんかは1釣行で1回は転んでいる。

 

転び慣れているのか打ち身で済んでいる事がほとんどだが、出来れば転びたくはない。

(ロッドも折ってしまうし)

 

渓流の不安定な場所を転ばずに歩くには、体力の他にも筋力やバランス感覚も必要だと思う。

シューズ選びも大事だと思う。

 

と、ここまでは真面目に書きました!

 

だけど釣りで色々とトラブルがあって、悶々としているというか荒れています!

(それはまたおって書きます)

 

どれくらい荒れているかと言うと、

  • まだシーズン終わって無くて、
  • 9月最後の週末があり、
  • 月末に有給申請もしているのに、

もう釣りに行かないと思っているくらい荒れている。

 

まだシーズン終わってないのにも関わらず、遅ればせながら『鬼滅の刃』を借りてきて読んだりしている。

 

本当はシーズン終わってから読むつもりだった。

渓流釣り体力

 

もうメンタルが壊れているというかストレス発散というか、

 

今回はしげる、

脱ぎます!!!

 

いや、ただ脱ぎたい訳ではないです。

冒頭に書いた渓流釣りに必要な体力筋力バランス感覚などなど。

 

僕は基本的にずっと一人で釣りをしているので、他の渓流釣り師さんがどんな体力や筋力や体型なのかわからない。

 

他の方の体力や筋力などはわからないが、僕の場合という事でご紹介させて頂こうと思う。

 

いえ、違います。誤解しないで下さい。

色んな気持ちが爆発しそうだから脱いでストレス発散という訳ではありません。

 

ええ、決して違います。たぶん。。。

 

僕の運動経験や体型など。

 

僕のスペックをご説明する。

  • 39歳(1981年生まれ)。
  • 運動経験は中学で野球部。
  • しかし地区予選1~2回戦負けのチームでぎりぎりレギュラー。
  • レフトで打順は7番。つまり野球してたと胸を張っては言えないレベル。
  • 高校は帰宅部。

 

その後は、

  • ランニングなどは時々していた。
  • 娘が生まれた時に強くなろうと思ってなぜか空手を習い始める。
  • しかし約1年で転勤になり辞めた。
  • なので空手してたと言えるレベルではない。素人である。
  • 筋トレもここ10年ほどはあまりしていない。

要はあまり真剣に運動をした経験はない。

 

運動神経も中の中か中の上くらいだ。

そこそこは出来るというレベル。

 

一方でなぜか昔から腕力は強かったのと、見た目はわりと筋肉質に見えていた。

(ただし着痩せするので脱がないとわからない)

 

なので学生時代、ヤンキーの人もちょっかいなどは出してこなかった。

 

現在は身長172㎝で63㎏だ。

春までは66㎏くらいあったが渓流シーズンに入って少し落ちた。

 

↓去年から入渓前には必ずこれを飲んでいます。

created by Rinker
¥1,680 (2020/10/29 08:32:53時点 楽天市場調べ-詳細)

 

仕事は20代は営業でした。

今は製造業の工場の事務職なので体を使う仕事ではないです。

 

そんな僕の体型はこれだ!

 

(注:おっさんの裸体を見るのが嫌な方は今すぐ離脱して下さい!)

 

正面からの写真。

 

ユニクロのステテコ(寝巻き)を履いている。

渓流釣り体力

 

力を入れた正面写真。

 

渓流釣り体力

 

横から見た写真。

 

渓流釣り体力

 

お腹を無理に引っ込めた写真。

 

渓流釣り体力

 

背中の写真。

 

渓流釣り体力

 

力を入れて「はい、ポーズ」その1。

 

渓流釣り体力

 

力を入れて「はい、ポーズ」その2。

 

渓流釣り体力

 

写真は全て嫁に撮ってもらった。

 

僕が、

 

「上半身裸の写真を撮ってくれ!」

 

と言うと嫁は、

 

「また何か馬鹿な事を考えてるんでしょ!」

 

と言いながらも撮ってくれた。

優しいのである。

 

自分で言うのもなんだが、日頃特に鍛えてない39歳のわりには悪くない体型だと思っている。

 

もし、

 

「何かスポーツをされてますか?」

 

と聞かれたら、

 

「渓流ルアーです」

 

と答えるつもりだ。

 

ビールも毎日ロング缶2~3本は飲んでるわりにはお腹も出ていないつもりだ。

 

同世代の平均でいうと体力も平均はクリアしていると思っている。

 

バランス感覚は、

  • 30歳少しの時に会社の若い子と一緒に、昼休みにスケボーをしていた時がある。

その時には「バランス感覚良いですね!」と言って貰えたりした。

 

自分的には、体力筋力バランス感覚で大きな穴はないように思っている。

 

だけど、

なぜ僕は転ぶのだろうか?

 

ソールはコーカーズのフェルトソールなので、磨り減ってなければグリップは十分のはずだ。

 

ちなみに僕はフェルトでも滑るのでラバーソールには出来ない。

 

転ぶ理由はいくつか考えられる。

  1. 体力や筋力だけで昇ったり下ったりしている。
  2. 体力の限界近くまで釣りをやめない。
  3. 遡行技術がまるでない上に不注意である。
  4. 不注意の癖に無鉄砲なので行くとこまで行こうとする。
  5. たまに後退のネジが外れている事がある。
  6. だんだん斜面を斜面だと思わなくなってきた。

なんか、自分で書いていて気持ちが凹んできた。。。

 

思い当たる節というかリスク(危険)があり過ぎて辛い。

不注意で不用意で、出来てないことが多すぎる。

 

それに僕はよほどの事がない限り地図を持っていかない。

というかそもそも車の地図レベルしか持ってない。

 

初めての場所で奥深い場所だと、ジオグラフィカ(スマホアプリ)で地形図を何枚かスクショして持って行く程度だ。

 

以前にこんな本を借りて読んだりしたが、今もあまり地形図は読めない。

↓漫画でわかります。

created by Rinker
講談社エディトリアル
¥1,320 (2020/10/29 05:40:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

うん。

たぶん僕が渓流の遡行でよく転んだりするのは体力の問題では無い気がする。

  • 注意力や遡行の技術。
  • 体力の配分やペースを考えていない。
  • 無鉄砲や無計画。

基本的な体力や筋力ではない部分が大きく欠けているように思った。

 

足場になる一つ一つの岩や石などに対しての注意力が不足しているのが一番の問題のようにも思う。

 

簡単に言うと、注意力と慎重さが足りないのだ。。。

 

まだ見ぬ源流にも行きたいけど、こんな状況では危険があり過ぎる。

色んな沢山の課題が山積みである。

 

源流や渓流釣師の皆さんは、

  • 遡行中に何に気をつけたり、
  • どんなトレーニングをしたり、
  • どうやって遡行技術を学んでいるのだろうか。

もし何かあれば教えて下さい。

 

僕は基本的にずっと一人で釣りをしているので、他の方の遡行技術を見たり教えて頂く機会もなかった。

 

念のために書きますが、誰か一緒に釣りに行って下さいというアピールではありません。

 

僕は性格に難があるので一人で釣りに行くのが好きです。

 

今回のブログを読んでいて、

 

「渓流釣りの体力や筋力について語るのはわかるんだけど、何かトラブルやストレスもあったんだろうけど、なぜおもむろに脱いだのだ?」

 

と不審に思った方、鋭いですね。

 

ブログ冒頭に書いた釣りのトラブルやストレスの件もあるが、それに加えて僕はある事でふっきれたのだ。

 

ふっきれたからという訳では無いが、何か思い切った事をしたくなった。

 

その思い切った事が、今回のアラフォーのおっさんが脱ぐという結果だった。

  • 今回の写真に関して、
  • 脇毛や乳毛が見たくない、
  • 背中が汚いなどなど。

おっさんの裸体に対してのクレームがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

いや、きっといらっしゃると思う。

 

いきなりおっさんが脱いでしまって、どうもすみませんでした!

 

人間は色々ショックな事があると突飛な行動に出るという見本なのだ。

 

何がショックで何にふっきれたのかは、次回ブログで書く予定です。

書きたくはない事ですがなんとか書くように頑張ります。

 

「渓流釣りに体力と筋力は必要だけど、注意力や慎重さはもっと大事だよね!」とブログ応援クリックお願いします!(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

           
   

コメント

  1. アバター まさのり より:

    すげー!
    タイムリーな記事でびっくりですよ。

    私ね、昨日釣りに行ってたんですよ。釣りしながら「しげるさんはなぜあんなに破滅的なコケ方するのだろう」と考えたわけです。

    いや、しげるさんのコケるシーン見たわけじゃないですよ?
    見た事ないけどしげるさんの気持ちになって釣り歩いたのですよ。

    わかりました。
    破滅的なコケ方の原因わかりましたよ。
    私も破滅的なコケ方した事がないわけじゃないので合点がいきました。

    しげるさんの気持ちになって釣りをしてみるもんです。
    勉強になります。

    「破滅的なコケ方する時」は足元見てない。
    これ。

    足元見てる時は苔で滑ろうが、浮き石踏んでバランス崩そうがコケても「破滅的」は回避出来るのですよ。

    しかしせっかちで前のめり尺ヤマメモードのしげるさんはさにあらず。

    釣れそうなポイントに近づくと、ポイントをガン見しながら移動する。
    もうガン見もガン見、川の水が沸騰する位のガン見ですよ。
    しかも何故か早足。
    急いだから釣れるってもんじゃないのに何故か早足。

    ん?昨日?ボウズでしたが転びはしませんでしたよ。
    魚を釣らない事で「破滅的」は予防出来ます。

    1. しげる しげる より:

      まさのりさん
      僕の気持ちになって釣り歩いてくれたんですね!
      ちょっと驚きました(^^)

      ご指摘の、「足元見てない」はすごく頷きました。

      せっかちで早足で前のめりも正解です。

      良いポイントを目にすると、「いる。いる。あそこは絶対に居る」などと言いながら急いで(焦って)近付いています。
      (ちなみにめちゃめちゃ一人言を言いながら釣りをしています)

      釣り上がった場所を退渓のために下っている時も、「早く次のポイントに行きたい」と思いながら急いで(焦って)います。

      足元見れてない時もありますし、なんというか『地に足がついてない感じ』の時が多いです。

      体力や筋力じゃなくて、原因はそれですね。。。
      ご指摘ありがとうございます。

      足元を見て焦らず遡行するように意識してみます。

      しかし「ボウズだったけど転ばなかった」、「魚を釣らない事で破滅的は予防」。
      これは。。。

      ハムレットの「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」ばりの命題ですね。

      いや、やっぱり僕は魚を釣りたいです。

  2. アバター あざらし より:

    冒頭の画像ネットで拾った画像だと思ってましたがしげるさんでびっくりしました!さらに奥さまが半裸のしげるさんを撮ってるところを想像するとシュールでニヤニヤしてしまいます(笑)遡行は下手したら命に関わるので興奮した気持ちを静めて安全第一でお願いしますね(^-^)

    1. しげる しげる より:

      あざらしさん
      実は僕でした(^^)実は色々とあったので脱いでしまいました(^^;)

      たしかに上半身裸の僕を嫁が写真撮っているところを俯瞰で見ると、なんだか不思議で面白いかも知れませんね(^^)

      今回頂いたコメントを読んでいると、僕の転び回数は突出しているように思いました。
      ヒヤリハットが多いからロッド折ってしまう回数も多いのかと納得しました。

      頭を冷やして足元をちゃんと見て落ち着いて釣行出来るようにしたいと思います。

      ご心配ありがとうございます(*^_^*)

  3. アバター ヤング より:

    渓流3年目ですが、派手に転けたのは5〜6回くらいですかね!?

    3年前から、腕立て&腹筋したり筋トレはしてます。

    その前は、1年間だけ500kmくらいウォーキングやランニングしたりもしてました!

    来年、41歳のグループに入りますヽ( ̄д ̄;)ノ

    たしかに、渓流では目測や周りを見渡す事は重要かな?と思います。

    野球部だと、足腰は強そうなイメージが?

    朝早くからの釣りだと、体力を使うのでお昼をピークに集中力も下がりますね。

    自分は、行き帰りに5時間強掛かるので4時30起床→6時30釣り場到着→16時頃帰路な感じの日程で、お昼からの方が転ける率が高い気がします。

    残りのシーズンもあと5日ですし、怪我無く終わりましょう!

    自分は、27日と30日に渓流行く予定です♪

    1. しげる しげる より:

      ヤングさん
      やっぱり僕と転ぶ回数は全然違いますね(>_< ) 筋トレやウォ-キング、ランニングですか! やっぱり日頃から体を動かすのは大事ですね(^^) 今年39歳の僕とけっこうお年が近いですね! 指摘を頂いて落ち着いて足元をちゃんとみることすら出来てない事が多いと気付いたので、遡行を改めたいと思いました(>_<) たしかに疲れたら転んだりする確率は上がりますよね。 無理しないのも大事だと思います。 ヤングさんのスケジュールも参考になります! そして最終日にきっちりと釣行予定を入れられているのが素敵です!(^o^)! お怪我無いように楽しんで下さいね(^^)

  4. アバター 淫獣課長 より:

    2、3回は「ヤバイ!」と思った転び方(落ち方)あったなぁ
    だいたいそーゆー時は先のポイントやルートを見るのに顔を上げながら足を前に進めた時です。
    この前の釣行では滑ってスネが折れたと思うくらいに
    思いっきり岩にぶつけました。未だに痛い

    はい ご唱和ください
    『「ながら」は(`・д・)σ メッ!』×10

    1. しげる しげる より:

      淫獣課長さん
      2、3回ですか!やっぱり僕は遡行の見直しが必要ですね(>_< ) だけど転び方もですが(落ち方)はヤバいですね(>_< ) 足元見てないと危険があるというのが改めてわかりました! スネを岩や石に打つのもあるあるですよね!スネに出来た傷が中々治らないのもわかります。 スネに傷持つ(過去の悪事ややましい事)も持ちたくないですが、リアルなスネに傷も避けたいですね(>_<) はい! 『「ながら」は(`・д・)σ メッ!』×10 ×10って多いなぁ(^^;)

  5. アバター 3110tkj より:

    気力はまぁ長く釣りやってれば、ストイックになり過ぎたり、マナーやら何やら他の方との価値観とか、ベクトルの違いに嫌気がさしたり色々あるかとは思います…
    しかしですが、体力的な事でしたら、甘ったれた身体の私なんぞが渓流釣りやれてるので、その素晴らしいお体でしたら、少なくともあと10年以上はまたまだ出来んじゃないかとおもいます。
     私としげるさんは年齢的にひと回り違い、このところシーズン事に体力の衰えを痛感してきてますが、無理だと思ったらまずそれを認めて、自分のレベルに合った場所での、釣りをすれば良いのです。
     それでも渓流いけなくなったら、船釣りでもワカサギ釣りでもいいんです。
     我々の釣りなんて所詮遊びの域の事だし、(しげるさんレベルの著名ブロガーはもはや仕事のひとつか!?)日本は海に囲まれ、山や河川に恵まれた釣り天国ですから。

    1. しげる しげる より:

      3110tkjさん
      ストイックやマナーやベクトルの違いってよくSNSなどで目にします(>_<) 基本姿勢としては自分の考えは書くけど人には押付けないというスタンスです(^^) 自分の「こうじゃないといけない!」を人にも強要しているところはあまり見たくない派ですね(^^;) 体付きを褒めて下さってありがとうございます(*^_^*) 頂いたコメントを読んだりしながら、僕の場合は体力筋力の問題じゃないところで転んだりしていると思いました。 おっしゃる通り、無理だと思ったらそれを認めるのも大事だと思います。 ついつい「あそこを越えればバラダイスが!?」と思いがちで無理な事をしている時があるので気をつけます。 そうですね。ここ数年はほぼトラウトのみで遊んでいますが、色んな釣りもそれぞれの楽しさがありますよね(^^) (僕のブログは趣味の遊びです(^^;)お褒め頂きありがとうございます(^o^)) 現在の自分の状況を把握した上で、無理なく怪我無く楽しみたいと思います(^o^)

  6. アバター 匿名 より:

    ご無沙汰してます。
    とても艶っぽく興味深い内容ですね。
    自分もしげるさんより10歳ほど歳上ですが毎日ショート缶4本(最近減らした)ですが腹なんぞ出てないムエタイ選手みたいな黒肌の筋肉質です。
    さらに特異質なのが子供の時より釣りをしてるので会社の健康診断の視力検査ず〜っと余裕の1.5です(1.5までしか測れない)、実際テレビに出るような渓流釣り名人は眼鏡をしてないような〜
    で自分は転けるかとゆうと、ほぼ転けないです。
    足元見てます危ないからね。
    危ないはその危ないじゃなく、あの危ないで〜〜しげるさんも河原でゲテモノ(ヒキガエル、オオサンショウウオ、マムシ、キングコブラ)に遭遇すると自然と足元を見るようになりますよ

  7. アバター 匿名 より:

    あっ、匿名となりましたがオロロンです

    1. しげる しげる より:

      オロロンさん
      お久しぶりです!(^o^)!

      ムエタイ選手みたいな黒肌の筋肉質!いいですね(^^)

      僕は眼鏡なので視力もすごく羨ましいです。。。本当は1.5以上ありそうですね(^o^)

      理由は違えど、やっぱり足元は見てらっしゃるんですね!

      転倒も怖いですし、ヘビやその他も怖いですね(>_< ) ヒキガエル、オオサンショウウオ、マムシは遭遇したことはあるのですが、まだ踏んだことはないと思います。 キングコブラって日本に居るという認識がありませんでした。。。 何にせよ、足元見て歩くのが基本ですね(>_<)

  8. アバター 花屋のいちろー より:

    おぉ、良い体ですねぇ。なかなかのマッチョ(^^)d。
    成る程ぉ!?。皆さんのコメントにあるようにポイントに意識が行ってしまい、足元を見てない!。それはあるかもしれませんね!?。
    思えば致命的な転けは今のところ無かったと思う僕ですが、キノコや山菜、蛇等ないかなぁ(^-^)って周りをキョロキョロしているので、それが関係してるのかもっ(笑)

    釣りで何か嫌な事があったんですね(;_;)…。無理に投稿しなくても、いいと思いますょ。嫌な事は忘れても(笑)

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      お褒め頂きありがとうございます(*^_^*)

      足元を見てないのは本当にそうだと思いました。
      慎重さも足りないですし。

      いまだに釣り場に行くと『地に足ついてない』感じでもありますし(^^;)
      少し落ち着いて釣りや遡行が出来るようにしたいと思います。

      このところ釣りで色々とトラブルがありまして(>_< ) うぅぅ。。。いちろーさんは優しいですね(;_;) ありがとうございます。 でもけじめとして書いているので、また読んでやって下さい(>_<)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください